肌に優しい洗顔パウダーでお顔すっきり~使い心地ランキング~

Home > 洗顔パウダー情報 > エイジングケアで大切な洗顔パウダー

エイジングケアで大切な洗顔パウダー

 酵素洗顔の酵素とは人が生きていくうえで欠かすことができない成分で、タンパク質や脂肪の分解、呼吸、骨や筋肉といった生きていくためには酵素が深く関わっています。酵素が働かないと人間は生きていく事ができません。体内で作られる酵素は消化酵素と代謝酵素に分かれますが、消化酵素は消化を助けるための酵素で食べ物を消化分解して、吸収するための酵素です。代謝酵素は吸収された栄養を体内に細胞に届けて新陳代謝を促進したり有害物質の除去や免疫力をアップに関わります。食べ物に含まれる酵素は食物酵素です。
 酵素洗顔には、タンパク質や脂肪を分解させる消化酵素と食物酵素が利用されています。エイジングケアの基本は洗顔です。洗顔料には固形せっけんやフォーム、ジェル、スクラブやパウダーなど種類が豊富にありますが、角質ケアや毛穴の黒ずみのケア、肌のくすみやごわつきなど対策として注目されている洗顔料は酵素洗顔パウダーです。エイジングケアとして酵素洗顔を取り入れている人が増えていて、さまざまなメーカーから酵素洗顔パウダーが販売されています。専門店だけでなく、百貨店や通信販売と数多くの酵素洗顔パウダーがあります。

 洗顔はスキンケアの基本でスキンケアやエイジングケアにはとても重要です。洗顔は肌の負担をかけずにやさしく洗いながらも、不要な汚れや皮脂などを取り除くことが大切です。洗顔のポイントは強い力で擦らず、摩擦の大きな洗顔や洗顔料で刺激の多い洗顔は避け、回数は基本は1日2回、すすぎの回数は20回以下にして必要なセラミドや天然保湿因子などを残して、必要な皮脂を流さないようにします。
 洗顔料を選ぶときには、自分の肌質や年齢に合ったものを選び、泡立ちを良くして摩擦を少なくすることができるタイプ、シンプルなものを選ぶことがポイントになります。肌の角質や角栓の7割はケラチンというタンパク質でできていますが、皮脂には脂質が多く含まれています。酵素洗顔は酵素が持っているタンパク質や脂肪を分解する働きで古い角質や余分な皮脂を取り除く洗顔方法です。

 タンパク質は普通の洗顔料に含まれる界面活性剤では落とすことができないため、酵素洗顔ではタンパク質を分解する働きはポイントになります。酵素は水が含まれるとすぐに活性化されて働きます。水に溶かした状態で保存すると活動してしまい、働きが徐々に弱くなってしまうことから、酵素洗顔料はパウダー状にして洗顔のときにパワーを十分発揮できるようになっています。そのため酵素洗顔料はパウダータイプが多く、洗顔料がパウダー状になっているものは酵素洗顔というイメージがありますが、最近はパウダー状になっていないものも販売されるようになっています。
 酵素洗顔料に使われる酵素の種類は、プロテアーゼ、パパイン酵素、ブロメライン、リパーゼなどで、特に天然パパイン酵素は古い角質細胞だけにアプローチする特性があります。エイジングケアの効果として重要なポイントは遅くなったターンオーバーを正常化させて、古い角質や角栓を取り除く効果を酵素洗顔で期待することができます。酵素パワーで肌に残っている古い角質や角栓、毛穴の黒ずみなどを落とすことができます。古い角質や皮脂を分解して新しい角質を作ろうとする働きを促すためターンオーバーが正常化することを期待することができ、肌が透明感を期待することができ、肌が明るくなりなめらかな状態となって肌のツヤが生まれます。

カテゴリ

PAGE TOP